情熱大陸に大黒摩季が出演!病気・手術・母の介護から復活までの壮絶な闘い

数々のヒット曲を生み出しテレビ出演も今までそんなに見た事がない大黒摩季さん。
今回情熱大陸に久しぶりのテレビ出演!!
まだまだ人気のある彼女、久しぶりに何を語ってくれるんでしょうか、、、

大黒摩季のプロフィール

wdxx0ec6

名前・大黒摩季
年齢・46歳
出身地・北海道札幌市出身
札幌市にある藤女子高等学校卒業後、上京
(藤女子と言えば昔からのお嬢様学校と言われている)
大黒摩季の実家は知るぞ知るパン屋さんの娘さんです。
3歳からピアノを始め、小学生の時にはすでに作曲もしていたと言う。
神田うの・藤原紀香・はるな愛など、数々の芸能人とも交遊関係がある彼女。

大黒摩季・歌唱力はかなり好評価なのに??

hqdefault

1989年、ビーイング主催のオーディション第3回BADオーディションに合格。
しかし、歌手と言うよりコーラスをしてほしいと言われたそうで、
他にもソニーやビクターの大手会社のオーディションに合格していて、
ソニーからすぐにデビューと言う話があったにもかかわらず、
大黒摩季はビーイングでのコーラスをまずやると言う選択肢を選んだ。
B’zやZARDなど大物歌手のコーラスをやっていた。

そして、なかなか歌手デビュー出来なかった彼女は会社を辞めてアメリカへ渡米。
そこで社長からデビューの話が進んでいると連絡をうけ日本に帰国。
晴れて歌手デビューの一歩を踏み出す事になりました。

それからは、

  • あなただけ見つめてる
  • 夏が来る
  • ら・ら・ら
  • 熱くなれ

など数々のヒット曲を生み出しました!!

女性特有の病気と母の介護で活動中止

大黒摩季さんは1996年から体調を崩していました。
レコーディング中も生理痛で倒れてしまうことも。
彼女の病気とは20~30代に多い
子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫という4つもの病気だったのです。
子供もほしいと言っていた彼女は、歌手活動を休業し病気の治療に専念する。
と言うものでした。

5年間に及ぶ長い期間の投薬治療と手術は無事に成功し、復帰。

2016年8月11日札幌でファンクラブ限定ライブを開催。
そして13日にはライジングサン・ロック・フェスティバルに出演しました。

長い期間病気と戦った彼女ですが、コウノトリはなかなかやってこなかったようです。

そして大黒摩季さん治療中にお母様の介護もしていたと言うことも明らかになりました。
情熱大陸でここら辺の事を語ってくれるのではないかと予想しています。
スポンサードリンク

復帰後6年ぶりのCDリリース!!

ai

8月10日約6年ぶりとなった新曲【Higher↑↑Higher↑↑】をリリース。

この曲は大黒摩季が治療や介護をしている長期休業の時の出来事を主に作ったそうで、

「歌や音楽という武器のない自分は人として本当に未熟で、主婦や母の介護をすれば躓いてばかり、治療も一進一退を繰り返し弱音も吐けない日々に、やっぱり心を救ってくれたのは音楽だった」

「すっかり委縮し、何に対しても燃え上がれない冷え切ってしまった心にまず火をを点けてくれる、そんな曲にしたい」

「心の体温が1℃上がるような、うまく踊れなくても歌えばカッコよくなれる、生きる為に疲弊しがちな大人が音とリズムに乗せられて思いきり発散できる、そんな欲張りな曲にしたい」

「生きる為に疲弊しがちな大人が思いきり発散できる曲にしたい」

とコメントした。

6年間の長期休業でどんなに歌いたかったのか、
曲を作りたかったのか、
本当に思いをいい意味でぶつけられている。そんなような気がしています。

復帰した大黒摩季さん。これからも期待です!!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA